豊胸施術はなにをするの?

さまざまな豊胸施術の種類

メリハリのきいたプロポーションを目指す女性にとって、乳房のボリュームはある程度欲しい、と願うことも珍しくはありません。理想的な形の胸が手に入れられるとあって豊胸施術を検討する女性は少なくありませんが、様々な施術の選択肢が存在することをご存知でしょうか。ざっくりと施術の種類を二つに分けると生体由来の素材を入れることと人工物を入れることに分けられます。前者は腹部などの脂肪を吸引し、胸部に移し替えるという施術が一般的で、痩身効果と共に女性に喜ばれる施術です。後者は、胸の中に人工物であるバッグという袋やシリコンで出来たカップを挿入するというものです。これらの人工物は非常に柔らかく、手触りも実物の乳房と大差無いことも特徴です。

それぞれの豊胸施術の特徴

生体由来の脂肪を吸引し胸に移し替える形の豊胸施術は、自分の生体成分由来なのでアレルギーを起こしにくく血流がある組織なので感染に強いという特徴があります。しいてデメリットを挙げるとすれば、脂肪を吸引する、胸部に充填するという施術のために侵襲が大きく、患者さんに負担をかけてしまうことがある、という点でしょう。バッグやシリコンのカップを入れる人工物挿入術は1回の手術による侵襲のみであるため、患者さんへの負担は少なく、脂肪の有無に関わらず行うことが出来て、自分の思い通りの形や大きさの乳房を形成できる、というのはメリットです。しかし、挿入した人工材料が経年劣化を迎えるなどのトラブルが考えられ、再手術が時に必要になることは注意点と言えるでしょう。