自分にあった豊胸施術の選び方

なるべく負担がなくて楽な方法で豊胸したい

今の自分のバストサイズに不満があるので豊胸を考えているものの、なるべく身体的にも経済的にも負担のない方法がいいという人は、ヒアルロン酸やアクアフィリングなどの充填剤を注入する方法などが適しています。手術でインプラントを挿入する方法に比べて体への負担も少なく、ダウンタイムなどの心配もないので、夏の海水浴シーズンや結婚式など一時的にバストのサイズや形を整えたい時に便利です。体にメスを入れないのでプチ豊胸などと呼ばれています。

プチ豊胸は半永久的に豊胸した状態が続くわけではなく、充填剤も次第に吸収されていくので、最終的には元のサイズに近い状態に戻ってしまう点は覚えておきましょう。ヒアルロン酸もアクアフィリングも安全性が高いので、体内に入っても安心です。

手術をしてもいいから大きな胸が欲しい

充填剤が吸収されて、元のバストサイズに戻りそうになるたびに美容クリニックに通うのは面倒くさいという人は、インプラントを手術で挿入する方が適しています。一回手術をすれば半永久的に豊胸後の状態をキープできるので、サイズの変化などを気にする必要もありません。インプラントを挿入することで、加齢で垂れ始める胸の形を整えることもできるので、アンチエイジングにもなります。豊胸用に開発されたインプラントも一昔前と比べて改良されているので、簡単に豊胸していると見破られる可能性もかなり低くなりました。

豊胸手術をする時には、脇などの目立たない場所を少しだけ切開するので傷跡もほとんど目立ちません。挿入できるインプラントの形状やサイズは自分でも選択できるので、よく考えて決めましょう。