豊胸施術のデメリット

シリコンバックによる豊胸手術のデメリット

古くからあり、主な豊胸方法であるシリコンバックによる豊胸にはデメリットもあります。シリコンバックの挿入の時には、必ずメスを身体に入れる必要があり、脇や胸の下の方に傷口が残ってしまうことです。大幅なバストアップをすることが可能ですが、手術の痕が残ってしまいます。またシリコンバックは触ると固いので、自然な柔らかい胸にはなりません。触られると豊胸したと気付かれる可能性が高くなっています。シリコンバックには必ず寿命があります。 10年ほど経つと劣化してしまい、取り替える必要性があります。それだけではなく、途中でシリコンバックが破損してしまったり、縮んでしまったりするというトラブルが発生するケースも考えられるでしょう。

ヒアルロン酸による豊胸のデメリット

ヒアルロン酸を注入して豊胸することは、手術が注射一本で簡単に済んで、傷が残らないというメリットがあります。その一方で、サイズがワンカップほどしかアップできないというデメリットもあります。それだけではなく、ヒアルロン酸の注入によるバストアップの効果はそれほど長い間継続してくれません。早い人では半年以内、長くても2年も経てば、ヒアルロン酸は身体の中に吸収されてしまって、バストは元通りになってしまうのです。そのため、維持するには何度もヒアルロン酸を注入する必要があります。 豊胸手術に使うヒアルロン酸は人体にとっては異物であるので、しこりになるケースもあります。触った感触が意外とゴムみたいで固いと思う人も少なくないです。