胸が小さくて恥ずかしかったり、嫌な思いをしたことはありませんか?豊胸はバストの悩みを解決する方法の一つです。豊胸には様々な種類がありますので、それぞれの特徴やメリットなどをご紹介しますので、豊胸施術を迷っている方は参考にしてください。

豊胸施術について

豊胸施術はなにをするの?

メリハリのきいたプロポーションを目指す女性にとって、乳房のボリュームはある程度欲しい、と願うことも珍しくはありません。理想的な形の胸が手に入れられるとあって豊胸施術を検討する女性は少なくありません…

Read More

こんなにある!豊胸施術の種類

メジャーな豊胸施術の1つである「ヒアルロン酸豊胸」は、注射でヒアルロン酸を注入する豊胸施術です。ヒアルロン酸を注射で注入するだけなので、施術時間が短くダウンタイムもほとんどないといったメリットがあ…

Read More

豊胸施術のメリット

豊胸施術を受けることによって、どのようなメリットがあるのでしょうか?胸が小さいことで様々なコンプレックスを感じている女性にとっては胸の悩みを解消できる方法として有効です。豊胸施術のメリットやデメリット、選び方を詳しく紹介します。

豊胸施術のメリット

一口に豊胸と言っても様々な施術方法が用意されていて、選び方によってそれぞれ特徴が異なります。中でも安全面などを理由に人気となっているのが脂肪注入です。これは文字通り自分の体にある余分な脂肪をバスト…

Read More

豊胸施術のデメリット

古くからあり、主な豊胸方法であるシリコンバックによる豊胸にはデメリットもあります。シリコンバックの挿入の時には、必ずメスを身体に入れる必要があり、脇や胸の下の方に傷口が残ってしまうことです。大幅な…

Read More

自分にあった豊胸施術の選び方

今の自分のバストサイズに不満があるので豊胸を考えているものの、なるべく身体的にも経済的にも負担のない方法がいいという人は、ヒアルロン酸やアクアフィリングなどの充填剤を注入する方法などが適しています…

Read More

おすすめの豊胸手術はこれ

いくつかの豊胸手術がありますが、自然な仕上がりとなるヒアルロン酸注射がおすすめです。形も自由になるので気に入ること間違いありません。

知っておこう!豊胸施術の特徴

胸に挿入する人口乳房ってどんなもの?

大胸筋の下、あるいは乳腺の下を切開し、バッグと呼ばれる人口乳房を挿入するのがバッグ式豊胸手術です。バッグの内容物には生理食塩水とシリコンがあります。生理食塩水は人体に無害なので、万が一人口乳房が破損して内容物が体内で漏れてしまったとしても自然に尿と一緒に排出されます。一方、シリコンは柔らかく触った時の感触が自然なのがメリットです。近年はバッグが破損したとしても体内に流出しないよう、スライム状のシリコンが用いられることが多いです。バッグの表面加工にはスムースタイプとテクスチャードタイプの2種類が存在します。スムースタイプの場合、被膜拘縮が起きないように術後に定期的にマッサージを受ける必要があります。テクスチャードタイプはスムースタイプよりも硬いですが、被膜拘縮が起きにくいです。

メスを使わない豊胸手術とは?

切らない豊胸手術はヒアルロン酸注入と脂肪注入の2種類に大別できます。ヒアルロン酸注入による豊胸のメリットは、15~30分と短時間で施術を受けられることです。ヒアルロン酸はグリコサミノグリカンの一種で、元から人体にもあるものなのでアレルギーのリスクが低いです。なお、ヒアルロン酸は体内に吸収されるため永久に効果が続くわけではありません。脂肪注入法は、太ももやお腹などから脂肪を吸引し、遠心分離機などで脂肪細胞のみを抽出してそれを胸に注入するというものです。元々自分の体内にあった組織を使うわけですから、異物反応の心配はありません。吸引した部位からは脂肪が減るため、豊胸と痩身が同時にできるというメリットもあります。ただし、痩せていて脂肪が少ない人には適していません。